Attorney consultation

成り立ち

合同会社の成り立ちについて

会社の形態は色んなタイプが存在しており、有名なのは株式会社というものになりますが、その中に合同会社という形態のものが存在します。 この合同会社は、比較的新しく出来たものであり、2006年5月に施行された会社法によって、合同会社設立が認められたのです。 合同会社は、会社の組織自体がかなりシンプルに作られていることが、その大きな特徴になっております。 また合同という名前がついていますが、代表者1名だけで設立できることも大きな特徴になっており、ベンチャー企業はもちろん、研究機関が事業化するときにも、採用されるのです。 また組織がシンプルで、かつ意思決定が、はやくなるということもあって、IT業界の外資系企業を中心に、日本の子会社を合同会社化することも広まってきています。

合同会社設立の今後について

合同会社設立の流れは、今後も多くなってくると予想されていますが、それは有限会社が設立できなくなったこと以外にも、いろんな要素があるのです。 まず最初に、合同会社設立時に定款を作ることになりますが、株式会社のように公証人による認証が不要ということが挙げられ、結果的にコストを下げることができます。 また出資者がそのまま社員ということになりますので、会社の意思決定や変更などが、行い易いということも、現在のビジネスにおいて、大きな特徴になります。 また資本金もそんなに大きな金額が必要ではないために、資金調達に労力を使うことも少ないと言った点が挙げられます。 このように合同会社設立というのは、株式会社に比べて、メリットが多いので、特に起業したばかりやベンチャーなどに採用されることが多くなっていくと予想されています。