Attorney consultation

別れのために

離婚時の慰謝料をより高く請求するには

相手から不当行為を受けて離婚をする場合は慰謝料請求が可能です。しかし慰謝料の金額は明確に決まっておらず、話し合い次第で自由に決めることが出来ますが、話し合いではまとまらず、裁判を起こし慰謝料を請求する場合は大体の相場が決まっており不当行為の内容次第ではおおよそ100〜300万円程度となっています。 婚姻期間が長い、養育する子供の数が多い、相手の社会的地位が高いなどの条件が揃えばの離婚時の慰謝料も高額になります。しかしこれには客観的な証拠を提示しなければ認められません。例えば、DVであれば暴力を受け怪我をした時にかかった病院から出された診断書、浮気であればメールや手紙などで肉体的関係を推測できる内容のものはかなり有効的な「客観的証拠」と言えるでしょう。 離婚時の慰謝料請求はまず話し合いをし、思っていることや希望の金額を相手に伝えておきましょう。話し合いに応じない場合は内容証明郵便を送付し、それでもまとまらない場合は家庭裁判所へ希望する金額を記載した夫婦関係調整申立書を提出します。 離婚は精神的パワーが必要です。双方が納得する結果を得られるよう、下準備を行い挑むことが大切です。

離婚における慰謝料の支払いについて

離婚を行う事は、慰謝料の問題を抱える事も多くあります。 離婚の慰謝料の相場とは決まっていないもので、どのような金額を請求する事が出来るのか、それは専門家にしか分からないものです。そのような場合に頼りにする事が出来る専門家が弁護士です。離婚における慰謝料の金額をある程度、設定してくれますので、安心して頼りにする事が出来ます。 離婚をする場合には、相手には会いたくない場合もあります。そのような場合にも弁護士を頼る事が出来ます。全ての問題を弁護士を通じて解決する事が出来ますので、相手に会わないで問題やトラブルを解決する事が可能になります。慰謝料の問題以外にも、多くの離婚に関する相談を弁護士にする事が出来ますので、頼りにする事が出来る存在です。